Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/hosaku/red222.net/public_html/tongarinews/wp-content/themes/luxeritas/inc/json-ld.php on line 114

ANA系エアージャパン、国交省に再発防止策 パイロット飲酒問題(Aviation Wire)

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドが【あの掲示板】で話題に!評判や口コミは真実なの?

スローライフ・ジャパン 石井大博さんが販売している【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドが
あの掲示板とかの板で騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

出典元:国交省にパイロットの飲酒問題の再発防止策を提出したエアージャパン=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のエアージャパン(AJX/NQ)は3月22日、パイロットの飲酒問題について国土交通省航空局(JCAB)に再発防止策を提出した。

 エアージャパンでは、2月1日の国際線に乗務予定だった40代男性副操縦士Aから乗務前にアルコール反応が検出され、成田発ヤンゴン行きNH813便(ボーイング767-300ER型機、登録記号JA626A)のパイロットを交代させた。この問題を受け、国交省は3月8日に同社を厳重注意し、22日までに再発防止策を提出するよう求めていた。

 しかし、厳重注意後の15日には、別の40代男性副操縦士Bから乗務前にアルコール反応が検出された。この影響で、15日の羽田発香港行きNH821便(767-300ER、JA623A)のパイロットを交代させ、定刻より9分遅れの15日午前1時4分に羽田を出発し、香港には8分早着となる同日午前4時52分に到着した。

 エアージャパンが国交省へ提出した報告書によると、アルコール反応が出たNH813便の副操縦士Aはパイロット派遣会社からの派遣で、当初は同便に乗務予定ではなかった。しかし、乗務前日の夕方に勤務変更をエアージャパンから打診され、これに応じて乗務が決まった。ところが、ANAが定めるアルコール摂取量について理解が不足していたほか、パイロットのシフトを組む担当者も、勤務変更を打診時に飲酒状況を確認していなかった。

 パイロットの飲酒問題が相次いだことを受け、エアージャパンは再発防止策で、パイロットのアルコール問題に関する教育の見直しと徹底による意識改革や、アルコール問題にかかわる安全管理体制の充実、パイロット以外を対象としたアルコール教育と啓発を実施するとした。

 パイロットの意識改革では、全員に対する個別面談の再実施やパイロット派遣会社から派遣された乗務員に対する注意喚起などを行う。安全管理体制の充実では、シフトを組む担当者への教育やカウンセリング体制の整備などを進める。また、派遣パイロットが飲酒問題を起こした場合、本人の責任の明確化なども派遣会社と協議する。

 エアージャパンは、全日本空輸(ANA/NH)の便名で運航される中近距離国際線や貨物便などを担当している。

いかにも
【誰でもできる】【簡単に】【誰でも効果がでる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。
全額返金保証はついてるのかな?

やらないよりはやった方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~

未分類

Posted by pff32590