Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/hosaku/red222.net/public_html/tongarinews/wp-content/themes/luxeritas/inc/json-ld.php on line 114

「地味な展示」に足を止める人続々 ゲーム歴史博物館【TGS2022】(日経クロストレンド)

小林 克己の初心者でも仮想通貨を攻略できる手法 口コミが怪しい

最近、話題になっている

小林 克己の
初心者でも仮想通貨を攻略できる手法って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:日経クロストレンド

華やかな展示会にあって、通常「パネル展示」といえば“地味”な印象がぬぐえない。しかし壁面に掲げられたパネルに、来場者が足を止めて見入っていたのが「ゲーム歴史博物館」だ。27枚のパネルに盛り込まれた情報はゲームファンにとって資料性が高く、読み込む人も多い。その中身をすべて掲載する。

【関連画像】東京ゲームショウは日本のゲームの歴史を物語るイベントでもある

 日本に数ある見本市、展示会の中でも華やかさでは恐らくトップクラスであろう東京ゲームショウ2022(TGS2022)。会場内は派手なブースであふれ、ゲームでおなじみのキャラクター映像や趣向を凝らした展示物、コンパニオン、効果音やMCの声によって、来場者の目と耳、心の争奪戦が繰り広げられている。

 そんな“強敵”に囲まれた状況では、物言わぬ、地味この上ない壁際の「パネル展示」に勝ち目などあろうはずもない……。と思いきや、かなりの人が足を止め、じっくり眺めている展示があった。過去26年の東京ゲームショウの歴史と共に、ゲームの歴史を簡潔に記した「ゲーム歴史博物館」だ。掲げられた27枚のパネルには、1996年の第1回東京ゲームショウから今回の東京ゲームショウ2022まで、各回のポスターやイベントテーマ、来場者数に加え、その年の主なゲーム業界の動きがまとめられている。ざっと見るだけでも、四半世紀のゲームの歴史が俯瞰(ふかん)できる。

 昔の東京ゲームショウのポスターを見て、「これ覚えている!」と声を上げる人や、写真を撮る人、こういうこともあったなあ……と過去を懐かしむ人まで、ぞれぞれがTGSの“2次元タイムマシーン”を楽しんでいるようだ。場所は「ホール1」の一般来場者初回入場口付近。資料価値の高い展示なので、特別に全パネルを掲載しよう。

(文・写真/酒井康治)

※日経クロストレンドでは、東京ゲームショウ2022に関する特設サイトを公開中です。ぜひ、ご覧下さい。

・日経クロストレンド「東京ゲームショウ2022特設サイト」
https://xtrend.nikkei.com/sp/tgs/

・東京ゲームショウ2022公式サイト
https://tgs.cesa.or.jp/

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

小林 克己さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

未分類

Posted by pff32590