Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/hosaku/red222.net/public_html/tongarinews/wp-content/themes/luxeritas/inc/json-ld.php on line 114

Meta Questに“日本発”のタイトル続々 Metaが明かすVR普及の鍵とは【TGS2022】(日経クロストレンド)

変化の法則(佐藤 佑樹)の悪評のレビューあり?

変化の法則を販売している
佐藤 佑樹さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:日経クロストレンド

東京ゲームショウ2022で存在感を示したのが、米Metaの「Meta Quest」。例年には無い巨大なブースを設け、初日には2時間程の待ちの列ができた。注目を集めたのが“日本発”のタイトル。コンテンツを生かしてVR市場の拡大を狙う、Metaの戦略を聞いた。

【関連画像】Meta Quest 2でVRゲームを体験する参加者

 東京ゲームショウ2022(TGS)で、大手ゲームメーカーに次ぐ規模で出展したのが、米Meta(旧Facebook)の「Meta Quest」。PCやゲーム機が不要のオールインワンのVR(仮想現実)システム「Meta Quest 2」(2020年10月発売)のほか、未発売を含めたVRゲーム7タイトルを展示。初日には約2時間待ちの列ができるほど、注目を集めた。

 Metaは、2014年、2015年に、Meta Quest 2の前身となる「Oculus VR」のブースを出していた。それ以降、新型コロナウイルス感染症が広がりもあり、大きなデモの場を積極的に展開できずにいた。そして、今年はVRの拡大フェーズと位置付け、当時をはるかに上回る規模で出展したのだ。

 「TGSはデモの場として最適と考え、今回は可能な限りブースを大きくした。VRマーケットのポテンシャルに対し、またデモの回数が少ない。これからが本番」と、Meta Reality Labsのマーケティング日本統括・上田俊輔氏は明かす。

 ブースを拡大した理由を、上田氏は「日本のマーケットを、米国と並んでティア1(第1階層)に置いているため」と語る。日本にはゲームが売れる市場が存在し、バイオハザードのような日本発の強力なタイトルもある。優秀なコンテンツが日本のパブリッシャー(発売元)から発売されればハードウエアの売り上げに直結するため、日本を戦略的に高い位置付けにしている。

 現在、Meta Quest 2は、日本でも250以上のゲームが体験ができる。その中で、日本発のタイトルが徐々に増えているのがトレンドだ。今回のTGSでも、魔法アクションゲーム『RUINSMAGUS ~ルインズメイガス~』(CharacterBank、2022年7月リリース)、剣げきアクションゲーム『ALTAIR BREAKER (アルタイル ブレイカー)』(Thirdverse、2022年8月リリース)といったタイトルが人気を博す。

 9月23日リリース予定の捜査アクションゲーム『ディスクロニア:CA』(MyDearest)は、TGSを初のデモ体験の場に選んだ。日本人は“日本発”のタイトルを好む傾向があり、日本発タイトルの登場はメガヒットを生む可能性を秘める。

 コンテンツの進化も著しい。Meta Realty Labsのストラテジックコンテンツパブリッシング日本・韓国市場統括・池田亮氏は、「ルインズメイガスはキャラクターの表演力が、これまでのゲームとは一線を画す。動きもスムーズでストレスが無く、VR酔いも軽減されている」と話す。ハードウエアの進化に合わせ、コンテンツの可能性も拡大している。

 家庭用ゲーム機からMeta Quest 2用にリマスターされるタイトルもある。既存作のファンをVRに誘導するためだ。2021年には、VR向けの『バイオハザード4』を発売した。一方で、「ホラーゲームは怖くし過ぎると遊んでもらえない。適切なバランスを考えるのが非常に難しい」と池田氏。一般のゲーム以上に、VRゲームの開発は容易ではない。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:日経クロストレンド

東京ゲームショウ2022で存在感を示したのが、米Metaの「Meta Quest」。例年には無い巨大なブースを設け、初日には2時間程の待ちの列ができた。注目を集めたのが“日本発”のタイトル。コンテンツを生かしてVR市場の拡大を狙う、Metaの戦略を聞いた。

【関連画像】Meta Quest 2でVRゲームを体験する参加者

 東京ゲームショウ2022(TGS)で、大手ゲームメーカーに次ぐ規模で出展したのが、米Meta(旧Facebook)の「Meta Quest」。PCやゲーム機が不要のオールインワンのVR(仮想現実)システム「Meta Quest 2」(2020年10月発売)のほか、未発売を含めたVRゲーム7タイトルを展示。初日には約2時間待ちの列ができるほど、注目を集めた。

 Metaは、2014年、2015年に、Meta Quest 2の前身となる「Oculus VR」のブースを出していた。それ以降、新型コロナウイルス感染症が広がりもあり、大きなデモの場を積極的に展開できずにいた。そして、今年はVRの拡大フェーズと位置付け、当時をはるかに上回る規模で出展したのだ。

 「TGSはデモの場として最適と考え、今回は可能な限りブースを大きくした。VRマーケットのポテンシャルに対し、またデモの回数が少ない。これからが本番」と、Meta Reality Labsのマーケティング日本統括・上田俊輔氏は明かす。

 ブースを拡大した理由を、上田氏は「日本のマーケットを、米国と並んでティア1(第1階層)に置いているため」と語る。日本にはゲームが売れる市場が存在し、バイオハザードのような日本発の強力なタイトルもある。優秀なコンテンツが日本のパブリッシャー(発売元)から発売されればハードウエアの売り上げに直結するため、日本を戦略的に高い位置付けにしている。

 現在、Meta Quest 2は、日本でも250以上のゲームが体験ができる。その中で、日本発のタイトルが徐々に増えているのがトレンドだ。今回のTGSでも、魔法アクションゲーム『RUINSMAGUS ~ルインズメイガス~』(CharacterBank、2022年7月リリース)、剣げきアクションゲーム『ALTAIR BREAKER (アルタイル ブレイカー)』(Thirdverse、2022年8月リリース)といったタイトルが人気を博す。

 9月23日リリース予定の捜査アクションゲーム『ディスクロニア:CA』(MyDearest)は、TGSを初のデモ体験の場に選んだ。日本人は“日本発”のタイトルを好む傾向があり、日本発タイトルの登場はメガヒットを生む可能性を秘める。

 コンテンツの進化も著しい。Meta Realty Labsのストラテジックコンテンツパブリッシング日本・韓国市場統括・池田亮氏は、「ルインズメイガスはキャラクターの表演力が、これまでのゲームとは一線を画す。動きもスムーズでストレスが無く、VR酔いも軽減されている」と話す。ハードウエアの進化に合わせ、コンテンツの可能性も拡大している。

 家庭用ゲーム機からMeta Quest 2用にリマスターされるタイトルもある。既存作のファンをVRに誘導するためだ。2021年には、VR向けの『バイオハザード4』を発売した。一方で、「ホラーゲームは怖くし過ぎると遊んでもらえない。適切なバランスを考えるのが非常に難しい」と池田氏。一般のゲーム以上に、VRゲームの開発は容易ではない。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

未分類

Posted by pff32590